グルコサミンの効果で痛みを無くす|いつでも摂取できます

サプリメント

膝や関節痛にきくサプリ

糖尿病患者は服用に注意

女の人

年齢と共に膝や関節に痛みが出てきますが、軟骨がすり減ったり関節の変形が主な原因です。それらを治療するのに効果的な成分がグルコサミンです。グルコサミンは主にカニやエビなどの甲殻類に多く含まれています。食事で摂取するのはかなり難しいので、グルコサミンが配合されたサプリなどを服用すると痛みに効果があります。ただし持病のある人や特定の薬を服用している場合は注意が必要です。サプリを適切に飲んでいれば影響はありませんが、過剰に摂取すると胃痛や便秘や下痢などの症状を起こすことがあります。持病のある人は医師の指導を受けて服用することが大事です。グルコサミンは糖の一種なので特に糖尿病を患っている人は注意が必要です。

桜エビや鳥の軟骨で摂取

グルコサミンの一日の摂取量はおよそ1000ミリグラムなので、それを守ることが大切になります。サプリを選ぶ場合はコンドロイチンやヒアルロン酸が一緒に配合されているものを選ぶと、より効果が上がります。コンドロイチンやヒアルロン酸がグルコサミンの効果をより引き出すからです。また食事から摂取するのが難しいグルコサミンですが、工夫次第では摂取することができます。桜エビなどは殻ごと食べることができます。鳥や豚の軟骨などはプロテオグリカンという成分が含まれており、これはグルコサミンが構成成分となっているので、食べることで効果が出ます。またオクラにも成分が含まれているので食事の時におかずの一品として工夫して食べるようにすれば膝や関節痛に効果があります。